結婚のプロポーズへの憧れと現実

結婚を申し込むためのプロポーズは、多くの女性が望んでいます。

憧れで望んでいると思われがちですが、現実的にプロポーズを待っている女性は多いです。

また、ロマンチックで感動的なプロポーズも、女性にとってひそかな憧れ・現実的な希望でもあります。
一般的に、男性側から行うのがプロポーズです。



女性からプロポーズをする逆パターンは、逆プロポーズとも呼ばれます。近年のアンケートなどの結果からは、やはり男性側からプロポーズをしてほしいと望む女性が多い傾向にあるため、結婚を意識し始めたら、早めにプロポーズの計画を練ってみることをおすすめします。



女性がどんなプロポーズに憧れているかは、各関連サイトで参考情報を見つけることができます。



どんなに不器用な男性であっても、いつもより高級なレストランを予約したり、高級な宿に旅行に出かけたりするだけで、プロポーズの土台を整えることができます。
不器用だからこそ、プロポーズへのこだわりが女性に感動を与えることもあるので、普段から何もしないので照れくさいなどと思わずに、特別なイベントだと思って張り切るのもわるくありません。



女性の中には、無理をしなくても、ただ言葉で結婚してほしいと伝えてくれるだけで十分と考える人もいます。

憧れと現実に求めることに差がある女性も多いので、さりげなくリサーチしてみると役立つ情報が手に入ることもあります。

たとえば、共通の女友だちに手伝ってもらって、さりげなく結婚のプロポーズについて話してみてほしいと伝えておく手もあります。



後々、リサーチのために協力してもらったと公にできるので、後ろめたさなく使える手です。

あまりこだわり過ぎると緊張するけど、ある程度ロマンチックにプロポーズを成功させたいと思うなら、結婚前の旅行として景色のよいホテルや旅館を予約し、景色がきれいに見える席で突然のプロポーズをするのもありです。

結婚を意識していればこそ、旅行を承諾しますから、プロポーズの返事にOKがもらえる可能性も高くなります。


http://www.pref.saitama.lg.jp/news/page/news120321-07.html
http://www.kobegakuin.ac.jp/information/campuswedding.html
http://www.counselors.jp/lp7/matrimonial_agency.html